Sports Car Service

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

ホンダS600 フレーム塗装

DSCN1355

S600のフレームの塗装をオーナーが自分で塗装してきました

最終更新 2011年 11月 04日(金曜日) 13:09

ベレットステアリング

前期OHVのウッドステアリングを後期に取り付け
スプラインの大きさが違うのでボス部をいれかえます

①アルミリベットを10ミリドリルでもんで外します

DSCN1363 DSCN1353

②後期のボスも同じように外します

③後期のボスに合わせて内径を削り長さを短く削ります

DSCN1356 DSCN1354

④ボルトナットで後期ボスを前期に取り付けます
ホーンプレートに当たらないようにボルトの頭を削ります

⑤ホーンプレートを取り付けて完成です

DSCN1358 DSCN1359

ダットサンコンペ

SR311にダットサンコンペを付けるとウインカーがうまく戻りません
ダットサンコンペはもともとZのハンドルなのでピンの位置が違います
ピンの位置を変換するアダプターを作りました
ハコスカ 510にも使えます                3500円

最終更新 2012年 1月 05日(木曜日) 13:47

ベレット エンジンルーム

ベレットのエンジンルームは左右対称、バッテリーの位置も左から右に移動可能
1600GTは左側にバッテリーステーがありますがバッテリーとキャブが近いので右側に移植することにしました
右側にもバッテリーステーがもともとついているのでわりと簡単です
なんで両側にバッテリーステーがあるのかよくわかりません
左ハンドル用が右なんでしょうか
右ハンドルこそ右にバッテリーがあったほうがよさそうです
1800GTの後期は右側にあります

DSCN1342 DSCN1343

5 / 23 ページ

Copyright© 2012 Sports Car Service All Rights Reserved.